君田のひまわり畑の魅力

広島県には三次市君田町と呼ばれる場所が有ります。
ここは、島根県の県境に近い場所にあるのですが、三次市君田町には君田のひまわり畑と呼ばれる場所が有ります。

これは読んで字のごとく、ひまわり畑と言うことなのですが、このひまわり畑は単なるひまわりの畑ではありません。

ひまわりと言うのは、サマーでもある夏の花でもあり、太陽の動きに合わせて花を動かすなどと言われています。
太陽の光をたっぷりを浴びることで人の背丈以上の大きさになると言うひまわりはサマーの花であり、躍動感を感じさせてくれる花でもあるのです。

このひまわり畑は、転作田を利用して植えられたもので、この君田町中に植えられている事からも、その量はとても多く圧巻だと言われているのです。
そのため、このひまわりを見るために、毎年数千人もの人が君田町を訪れるのだと言われているのです。

因みに、この場所に植えられているひまわりの数は約100万本であると言われており、数や景観はとても想像がつかないものであり、その場所に行った人だけがひまわりの躍動感を感じることが出来ると言えます。

尚、このひまわりが咲き誇る君田町は、尾道松江口和インターチェンジを下りてから、国道39号線を三次町方面に約3キロほどの場所になります。